白髪染めは髪を傷める?

私達は生まれてから、ずっと黒髪ですがいつの頃からか年齢と共に、白髪が目立ち始めます。

そして白髪があるというのは周囲が思う以上に、本人はとても気にしているものです。

まずは白髪染めの関連情報をご参照下さい。

白髪を気にされる方は、どうにか白髪を隠そうと白髪染めを使うのですが、白髪染めというのは、使ったことが一度でもあるという方ならなんとなくわかると思いますが、どうしても使用後に髪の毛を傷めてしまいます。

しかも枝毛や切れ毛はもちろん、パサパサになったりツヤも失ったりするのです。

これは特に自宅で白髪染めをした方が実感していることですが、自宅用の白髪染めというのは、サロンなどで白髪染めをした場合と比べて、どうしても髪に傷みが出やすいのです。

そして髪に傷みが出るのは、自宅用はどうしても多くの方が、きちんと染まることを実感するために薬剤が強めに配合されているからなのです。

そのため白髪染めはしたいと思うけど、髪のパサつきはいやとか、ツヤを失うのはいやという方は、サロンでお願いするしかありません。

最近は、こういった自宅用は髪を傷めるというセオリーから脱却すべく、自宅用の白髪染めでもソフトなタイプやマイルドなタイプなど、今までの常識をガラッと変えるような白髪染めというのも、たくさん増えてはきています。

それでも白髪染めを使用することで、髪を傷めるというのは多少なりともありうることなので、やっぱり髪を傷めることが気になるようしたら、サロンで染めるのが無難であると言えるのかもしれません。